FC2ブログ
自由奔放に生きる ホーム »54.滝行
カテゴリー「54.滝行」の記事一覧

笑ってはいけない滝行3  

滝行ラスト。

修業は続く。
前の人の足にとまっていたヤツは、どこかへ飛んでいた。
ふ~。
一安心できるかなと思っていたら、それは急に起こった。

住職の方?が木魚を叩きながら、「南無妙法蓮華経」と唱えていたのだが、その叩いている棒の先っぽがいきなり吹っ飛んだ。
「えっ!?」
ギャグかと思うほどの飛び様。
住職は必死に先っぽを探していた。
勘弁してくれ!

それと同時に例のヤツがまた姿を現し部屋中を飛び回る。
ヤメテー!!
このダブルパンチはきついって。
下を向きながら必死に笑いを堪えていた。
この状況で笑えない・・・(´;ω;`)

そしてなんとか修業終了。
ふ~。
改めて思ったが、わざと笑わせようとしてたのかと。
さすがにここまでくるとそうとしかとらえられない。
笑いを我慢するのが修業?
とりあえず、しんどかった(笑)

ダイコクバーガー。
今話題の小泉進次郎さんが去年食べに来たとか。
へー(笑)
P_20190914_123026_3.jpg

P_20190914_124822_2.jpg

P_20190914_124827_1.jpg

category: 54.滝行

tb: 0   cm: 2

笑ってはいけない滝行2  

滝行続き。

滝行が終わり、続いては唱題行。
要するに正座をし、ひたすら「南無妙法蓮華経」と唱える。
実はこちらの方がメインらしい。
滝行は前座みたいなもの。

最初に住職の方?が説明をしてくれた。
しかし、説明を聴くのに集中できなった。
なぜなら、部屋の中をめちゃくちゃでかい虫が飛んでいた!!
蜂?虻?
尋常じゃないぐらい大きい。
梅干しぐらいの大きさ?
これヤバいやつやん!

住職はそれに気づいているにも関わらず無視。
虫だけに(おい)
そしてあろうことかそのまま儀式続行。
マジか!

住職が「眼を閉じたら煩悩が次々と襲ってきますが、すべて振り払ってください」と言っていた。
いや、そもそも目を閉じたくない。
閉じたら終わる。
案の定、自分の前に座っている人の足にそいつがとまる。
やっぱり来るか・・・。
痛がらないということは刺されていないってことか。
ひとまずは安心(おい)

しかし…続く。

category: 54.滝行

tb: 0   cm: 0

笑ってはいけない滝行  

滝行へ行ってきた。
心身を鍛えるために(笑)
前から興味があったので、一度は行ってみようと。

P_20190914_114532_4.jpg

P_20190914_114446_5.jpg

P_20190914_100808_6.jpg

実際の滝行の写真を撮りたかったのだがNG。
神聖な場所なのでそういうのは駄目だと。
残念(´;ω;`)

今回は会社の後輩二人と参戦。
暇そうだったので無理やり連れていく(笑)
参加者は全部で20名ぐらいだったかな?
老若男女いろいろな方がおられた。

お寺から滝までは歩いて5分ぐらい。
まず滝へ行くまでお経を唱えながら行く。
「何妙法蓮華経」
左足から「何」、右足が「妙」と交互に歩いていくのだが、みんな必死に合わせようとしているのに、一番先頭の住職の方?が間違っていた。
おいっ!!(笑)

そして滝が見えてきて後ろにいた後輩がボソッと一言。
「ちっさ!」
確かに見た目が小さかった。
ちょろちょろとしか流れていない。
これで滝行って(笑)

住職の方から、直接滝の水を頭に浴びると脳震盪を起こすから気を付けてくださいという注意が。
こんなちょろちょろで脳震盪って(笑)
しかし・・・。

滝の目の前まで来ると、それが本当であることが分かる。
いやめちゃくちゃ勢いあるし!!
これに行くのか・・・。
侮っていた。

そして実際に滝に打たれる。
時間にしたら3分ぐらいかな?
めちゃくちゃ水の勢いが強かった。

これぐらいの滝でこの勢いなら、テレビで見るような滝は一体・・・。
想像できない。
リアルに脳震盪起こす人いそう。

とりあえず滝行は無事終了。
しかし、ここからが本当の闘いだった。
笑いとの(笑)
続く。

category: 54.滝行

tb: 0   cm: 2

プロフィール

メールフォーム

リンク

訪問者数

訪問者数達成

ブロとも申請フォーム

▲ Pagetop