FC2ブログ
自由奔放に生きる ホーム »1.富士山登頂
カテゴリー「1.富士山登頂」の記事一覧

富士山登頂(過去記事 2014.7.1)  

2007年8月。
友人がふと何気なく言った言葉。
「暇だし、富士山登らない?」
これが最初の挑戦ということになる。

当時愛知に住んでいたので、静岡はそう遠くなかった。
確かバスで行った記憶が・・・。
ずるをしたわけではないが、山の途中までバスだった(3合目か4合目あたり?)

そして15時ぐらいから登り始めた。
最初は暑くて、半袖で登っていた。
富士山は上の方に行くほど、寒くなるというのは知っていたが、そこまでは意識してなかった。
その時は、景色を楽しみながら、友人と楽しく登っていた。

しかし、段々と上に行くほど体力がなくなってくる。
寒くなり、上着を着るようになった。
さらには、会話も減っていった。

半分ぐらい登ったあたりで、まさかの事態が起きる。
行列ができて、前に進めなくなった。
登山で行列って・・・(笑)
とりあえず列に並んで、少しずつ上を目指した。

21時ぐらいになり、辺りは真っ暗。
まだ7割登ったぐらいだった。
今日一日で登る予定だったが、結局断念した。
とりあえず、野宿でもするかということに。
だが、それが失敗だった。

寒すぎて、凍死しかけた。
こんなに富士山の頂上付近が寒いとは。
そもそも頂上付近で野宿するのが無謀すぎた。

結局、寝たら死にそうだったのでそのまま一日中登った。
頂上付近が一番勾配がきつく、大変だった。
頂上に着いたのは、たしか朝2,3時だったはず。
御来光を見たことは見たが、疲れていたのであまり覚えていない(笑)
なんか飲み物がやたら高かったのは、微かに覚えている。
帰りは鬼のように急いで降りた。

眠くて眠くて、帰りのバスの中では爆睡。
家に帰っても爆睡。
睡眠は大事だな。

1つだけ今でもはっきり覚えていることがある。
頂上付近にあった廃屋?
その前で記念写真を撮ったら、変なものが写っていた。
富士山は霊山って言われてるし、まさかな。

世界文化遺産に登録された富士山。
入山料とか今取っているんだっけ?
7年もすれば色々変わるな~。
また機会があれば登りたい。

category: 1.富士山登頂

tb: --   cm: 2

プロフィール

メールフォーム

リンク

訪問者数

訪問者数達成

ブロとも申請フォーム

▲ Pagetop